【ARMv7 900MHz】Raspberry Pi®搭載 IoTゲートウェイ BH2

40,500 (税込)
(0point)

↑ ↓

Raspberry Pi®をプロトタイプから現場活用へ

Raspberry Pi®を堅牢化した「BHシリーズ」は、Raspberry Pi®で開発したプロトタイプをそのまま業務用途に利用できます。

電源断、シャットダウンプロセスの最適化
Raspberry Pi®はLinuxベースのOSを採用しているため、正常なシャットダウンプロセスを実行しないと、OSがクラッシュしたり、SDカードを破壊したりする恐れがあり、産業用途で採用するには問題がありました。BHシリーズは、大容量のコンデンサーを使用し電源断からおよそ30秒間動作することが可能です。

時計機能付き
Raspberry Pi®はバッテリーバックアップによる時計機能(RTC)を搭載していません。しかしほとんどのアプリケーションにとってRTCは不可欠なものとなります。BHシリーズは、RTCデバイスと交換可能なボタン電池を搭載しているため、リアルタイム管理が必要なアプリケーションでも問題なく稼働します。

5V電源をダイレクト供給
Raspberry Pi®は電源が不安定であり、さらにマイクロUSBポートは内部抵抗が高く本来は電源供給に適していません。BHシリーズでは、内部にレギュレータを搭載して独自電源回路からRaspberry Pi®のピンヘッダ経由で5Vを供給することで安定した動作を実現しました。

万全の放熱対策
Raspberry Pi®は、単体ではそれほど放熱が問題になることはありませんが、産業用途を考慮した場合はゼロとは言えません。BHシリーズでは、CPUに放熱デバイスを装着して熱を金属ケースに逃すことにより、一層の安定化を図っています。また、恒温槽による温度動作試験を行い、0度〜40度の動作を保証しています。

耐ノイズ性能の大幅改善
Raspberry Pi®は、ボード単体や市販されている樹脂ケースでは、産業用途に耐えうるノイズ対策がなされていません。BHシリーズは、グランド処理やケーシングを行うことで耐ノイズ性能を高め、EMSや静電イミュニティ、サージイミュニティなどの各種耐性検査をクリアしています。

CPUの暴走対策
Raspberry Pi®はハードウェアウォッチドッグタイマーを搭載していますが、デフォルトの状態では無効化されています。BHシリーズはこれを有効化し、万が一CPUが暴走した場合でも、ハードウェア的にCPUをリブートできるため、システムがハングアップしたままになる可能性を非常に低く抑えています。

GPIOラインのノイズ問題をクリア
Raspberry Pi®は様々な用途に使用できるGPIOが搭載されていますが、GPIOポートには数100mVのノイズがのっているため、手で触れるだけで誤動作を起こす場合があります。BHシリーズは、グランド処理やケーシングなどでノイズレベルを数10mVまで抑えました。

電源スイッチと連動するシャットダウン回路
Raspberry Pi®を産業用途で使用する際には、電源スイッチが必要になります。BHシリーズは、電源スイッチと連動するシャットダウン回路を実装しています。

汎用のスイッチを5つ搭載
機器組込用途では、モニタを接続できず、設定などに利用する最低限のスイッチを要求されることが多くあります。BHシリーズは、汎用のスイッチを5つ用意しているため、別途スイッチボックスを用意する必要がありません。

■製品仕様
 
メーカー名 ビズライト・テクノロジー社
製品型番 BH2
CPU ARMv7 4Core 900MHz
GPU 250 MHz / Broadcom VideoCore IV
メモリ LPDDR2 SDRAM 1GB
イーサネット 10/100Mbps
Bluetooth 非搭載 (別途ドングルが必要)
RTC 搭載
UPS機構 コンデンサー
ビデオ出力 HDMI 1.3 / 1.4
音声出力 HDMI 1.3 / 1.4、3.5mmジャック
USB USB2.0 x 4
I/Oコネクタ 40ピン (うちGPIO3ポートを電源回路及びRTCに予約済。使用・不使用を選択可能な最大6ポートを予約済。)
カードスロット MicroSDカード
電源 AC100-240V、50/60Hz、DC7.5V、3A (専用ACアダプター付)
外寸 (羽根/突起部を除く) H32mm x W89mm x D115mm
重量 420g (ACアダプターを含まず)
環境 温度0℃〜40℃ (非結露) / 湿度 10%〜80%

この商品は、メーカーから直送される場合もありますので予めご了承ください。
 

Raspberry Pi®(ラズベリー パイ)とは、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータで、イギリスのラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)によって開発されています。

BHシリーズは金属ケースやグランド処理などで、雷サージ、静電気・耐熱性を産業機器並みに強化しています。

BHシリーズは株式会社ビズライト・テクノロジーの製品です。

同社はハードウェアが分かるソフトウェア開発集団として、IoT分野への取り組みを強化し、高度なWebアプリケーション開発、サーバー構築・運用、ハードウェア技術、デジタルサイネージソリューションなど、BHシリーズをコアとしてエッジコンピューティングでのAI、高度なデジタルサイネージシステムなど注力するメーカーです。